• 賛助会員募集
  • スポットライト 障スポを語る
  • 栃木県障害者スポーツ大会
  • 全国障害者スポーツ大会
  • 社会参加推進センター
トップページ » 栃木県障害者スポーツ協会 » 福田知事、夏季デフリンピック日本代表とスタッフを激励

障害者スポーツ協会情報誌

障害者のスポーツクラブ

栃木県内のスポーツ施設

栃木県障害者スポーツボランティア人材バンク

障害者関係団体一覧

愛顔をつなぐ えひめ大会

織りなそう力と技と美しさ 福井しあわせ元気大会2018

サイト内検索

検索ワードを入力し、【検索】ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

特定非営利活動法人
栃木県障害者スポーツ協会

〒 320-8508
栃木県宇都宮市若草1丁目10番6号 とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター内

TEL:028-624-2761
FAX:028-624-2761

福田知事、夏季デフリンピック日本代表とスタッフを激励

●知事激励
福田知事は、6月30日(金)、知事応接室において、第23回夏季デフリンピック(サムスン2017デフリンピック)に日本代表選手として出場する若原正享選手、川俣郁美スタッフの2名を激励しました。


左より、とちまる・若原正享 選手・福田富一 栃木県知事・ 川俣郁美スタッフ・ナイチュウ

 

●若原 正享(わかはら まさゆき)選手プロフィール
▼年齢
34歳
▼障害名
聴覚障害
▼現住所
栃木県宇都宮市
▼出場競技
バレーボール男子
▼これまでの大会成績・記録等
【平成17年】第20回夏季デフリンピック(開催地:メルボルン)バレーボール男子 第7位
【平成20年】世界選手権(開催地:ブエノスアイレス)バレーボール男子 第3位
※個人賞受賞:最優秀選手賞、ベストレシーブ賞

【平成21年】第21回夏季デフリンピック(開催地:台北)バレーボール男子 第5位
【平成24年】世界選手権(開催地:ブルガリア)バレーボール男子 第4位
【平成25年】第22回夏季デフリンピック(開催地:ブルガリア)バレーボール男子 予選敗退
【平成27年】第15回全国障害者スポーツ大会(開催地:和歌山県)バレーボール男子 栃木県代表 第3位
【平成28年】世界選手権(開催地:アメリカ)バレーボール男子 第6位

●川俣 郁美(かわまた いくみ)スタッフプロフィール
▼年齢
28歳
▼障害名
聴覚障害
▼現住所
栃木県宇都宮市
▼役割
日本選手団本部スタッフ
大会期間中、日本選手団が安全かつ円滑に行動でき、またプレーに集中できるよう全面的にサポートすることを目的とし、主な業務は以下のとおり。
・大会実行委員とのコミュニケーション
・日本選手団の各競技団体、医療・通訳・広報チームとのコミュニケーション
・大会全体の流れや一日の細かなスケジュールを把握・周知
なお、(一財)全日本ろうあ連盟スポーツ委員会国際事業部付を担当しているが、今回は日本選手団本部スタッフとして派遣
▼経歴
【平成20年】日本財団聴覚障害者海外留学奨学金事業※ 第5期生 選出
※聴覚障害者の受け入れ体制が整っている海外の教育・専門機関で学び、終了後はその留学経験を活かし、日本やアジア諸国のろう者コミュニティで必要と思われる分野で活躍することを志すろう者・難聴者を支援することを目的とし、日本財団の助成により日本ASL協会が実施するもの。
【平成21年】オーロニ大学(Ohlone College、カリフォルニア州)入学
【平成22年】ギャロデッド大学(Gallaudet University、ワシントンD.C.)入学

【平成25年】同大学(ソーシャルワーク学士課程)卒業
【平成25年】ギャロデッド大学大学院(Gallaudet University Graduate School)入学
【平成28年】同大学(国際開発修士課程 行政学修士課程)卒業

●第23回夏季デフリンピック(ソフィアデフリンピック)概要
▼開催期間
平成29年7月18日(火)~7月30日(日)
▼開催地
トルコ共和国・サムスン
▼運営主体
国際ろう者スポーツ委員会
第23回夏季デフリンピック競技大会組織委員会