• 賛助会員募集
  • スポットライト 障スポを語る
  • 栃木県障害者スポーツ大会
  • 全国障害者スポーツ大会
  • 社会参加推進センター
トップページ » 栃木県障害者スポーツ協会 » 平成30年度栃木県障がい者スポーツ指導員養成研修会の受講生募集

障害者スポーツ協会情報誌

障害者のスポーツクラブ

栃木県内のスポーツ施設

栃木県障害者スポーツボランティア人材バンク

障害者関係団体一覧

織りなそう力と技と美しさ 福井しあわせ元気大会2018

いきいき茨城ゆめ大会

サイト内検索

検索ワードを入力し、【検索】ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

特定非営利活動法人
栃木県障害者スポーツ協会

〒 320-8508
栃木県宇都宮市若草1丁目10番6号 とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター内

TEL:028-624-2761
FAX:028-624-2761

平成30年度栃木県障がい者スポーツ指導員養成研修会の受講生募集

▼主催 
栃木県、特定非営利活動法人栃木県障害者スポーツ協会

▼開催期日
平成30年6月30日(土)、7月14日(土)、9月30日(日)、12月1日(土)、12月8日(土)

▼場所
とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンターほか

▼内容

科目 内容
障がい者福祉施策と障がい者スポーツ 障がい者福祉施策の体系、サービス体系、今後の動向と障がい者スポーツとの関連性を学ぶ。
ボランティア論 ボランティア精神と活動の基本的姿勢について学ぶ。
障がい者スポーツの意義と理念 障がい者スポーツの捉え方やその意義、効果を学ぶ。
安全管理 スポーツを実施する際の安全管理の基本的な項目と内容を学ぶ。<障がいの主な特性と安全管理> 
障がいの理解とスポーツ 各障がいの主な特性を学び、その特性に配慮しながら安全にスポーツを実施させるために必要な最小限の知識を身につける。
<ボッチャ、フライングディスク、サウンドテーブルテニス、水泳、車いすバスケットボール> 

(公財)日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ指導者制度 

日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ指導者制度の障がい者スポーツ指導員の役割や組織について知る。
全国障害者スポーツ大会の概要 全国障害者スポーツ大会の開催目的や実技競技、一般競技とは異なる点などの概要を学ぶとともに、大会がスポーツ未経験者や初心者のスポーツ参加の大きな動機づけになっていることを理解する。 
障がいに応じたスポーツの工夫・実施  障がいのある人がスポーツやレクリエーションを安全に楽しむために、既存のルールや用具をどのように工夫したらよいかを実技を通して学ぶ。
<コントロール・アタック、卓球バレー> 
障がい者との交流 スポーツ活動を実施している障がい当事者の体験談を聞く。または、スポーツ活動現場に出かけ障がい者とのふれあいを体験する。
<栃木県障害者スポーツ大会ボランティア活動> 

 

※平成29年度栃木県障がい者スポーツ指導員養成研修会の写真

障がいの理解とスポーツ(ボッチャ)


障がいの理解とスポーツ(フライングディスク)


▼対象者
本県に在住又は在勤(在学)の18歳以上(平成30年4月1日現在)で、障がい者に対するスポーツ指導及び障がい者スポーツの普及・振興に意欲のある方

▼参加費
5,000円(受講料1,500円、テキスト代3,500円)

▼定員
30名(定員を超えた場合は、抽選といたします。)

申込み・問合せ先
所定の申込書にて、郵送・Fax・メールで下記まで申し込みください。
※申込締切 平成30年6月19日(火)
申込書 
(こちらをクリックするとダウンロードできます。)

◆特定非営利活動法人栃木県障害者スポーツ協会
〒320-8508
宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター内
TEL:028-624-2761   ※FAX兼用
e-meil: entry@tochi-shinkyo.org 

▼その他
(1)公益財団法人日本障がい者スポーツ協会の公認初級障がい者スポーツ指導員資格を取得するためには、申請時に申請・認定料5,500円及び登録料3,800円が必要となります。
(2)本協会の研修会は、公益財団法人日本レクリエーション協会公認インストラクター資格取得の一部として対象になります。
(3)受講の可否については、本人宛に通知します。(申込み締切り後、14日以内に郵送予定)
(4)本研修会は実技が含まれるため、内容に応じてスポーツウェア、シューズ、水着等を用意してください。